「エイビーロード海外旅行調査2013」

「エイビーロード海外旅行調査2013」による今後行きたい渡航先の第1位は4年連続でイタリア / 2013年6月25日(火)

2013年6月25日(火)、リクルートライフスタイルの調査・研究部門であるエイビーロード・リサーチ・センターが「エイビーロード海外旅行調査2013」を発表しました。

「エイビーロード海外旅行調査2013」は、2012年に海外旅行をした18歳以上の男女を対象に海外旅行者の実態を把握することを目的に行われた調査。

具体的には、関東・関西・東海の3地域より抽出した18歳以上の男女(スクリーニング調査:118,202人)の中から、2012年の海外旅行経験者を対象にインターネット調査(本調査回収数:54,788人)を行なっています。

調査期間は、スクリーニング調査が2013年3月14日(木)~3月18日(月)、本調査は2013年3月25日(月)~ 4月1日(月)。

さて、調査結果を見ると最多渡航先は「韓国」となっているものの、渡航率は過去最高だった前回より減少しています。「中国」も減少しており、アジア圏ではこの2カ国の減少幅が目立つ結果となりました。

「今後行きたい海外旅行動向」では、行きたい渡航先の第1位は4年連続でイタリア。第2位がフランス、第3位がオーストラリアと続いています。なお、渡航率の減少した「韓国」は、訪問意向も減少しています。

「円高・円安の影響」では、4人に1人が「円高がきっかけ」で海外旅行に行ったという結果に。また、円安の兆しが出始めた昨年末にかけては、今後の円安を予想してか“かけこみ旅行”的な動きもみられるとしています。

「2012年最後の旅行 渡航先満足度ランキング」では、アメリカ東部が第1位に

「2012年最後の旅行 渡航先満足度ランキング」では、アメリカ東部が第1位となっている他、第2位がイタリア、第3位がハワイ(オアフ島以外)という結果となっています。

「2012年最後の旅行 渡航先満足度ランキング」では総合ランキングの他、「観光・鑑賞」「食事」「買い物」「現地でのホスピタリティ」などなど各項目ごとのランキングも発表されています。

  • 第1位 アメリカ東部
  • 第2位 イタリア
  • 第3位 ハワイ(オアフ島以外)
  • 第4位 アメリカ西部
  • 第5位 ハワイ(オアフ島)
  • 第6位 ドイツ
  • 第7位 東ヨーロッパ諸国
  • 第8位 トルコ
  • 第9位 シンガポール
  • 第10位 タイ(ビーチリゾート以外)

その他、2013年以降の海外旅行動向など多岐に渡っての調査結果・ランキングがまとめられています。詳細は以下のURLからどうぞ。

関連URL

エイビーロード海外旅行調査2013